分からないことはプロに相談を

葬儀の手配は段取りが大事

亡くなってからの葬儀の流れ

葬儀の流れはご遺体を安置できる場所へ運ぶ手配をするところから始まります。病院で亡くなった場合は病院から業者さんを紹介されることもあります。そこに頼んでも良いですし、知っているところや既に話を進めているところへ依頼しても良いです。その後は葬儀屋さんと通夜、告別式の流れを手配していきます。日時、喪主を誰が務めるか、挨拶を誰に頼むかなどを決めたら、参列してもらいたい人に案内を出すという流れです。難しいのは、大切な人を亡くした直後にこれらの手配をしないといけないということです。深い悲しみを抱えつつこれらの段取りをしていくのは相当な負担です。もし病気などで亡くなる場合は、事前に少しでも調べたり準備を進めることが重要です。不謹慎だと感じる人もいるかもしれませんが、大切な人をきちんと送ってあげるために事前の準備をすることはむしろ良いことです。亡くなってから数日のうちにたくさんのことを一気に手配しなければなりません。その土地独特の慣習や宗教のことなど微妙な段取りの違いがある場合も多く、葬儀屋さんなどのアドバイスは重要です。通夜、告別式の後は火葬場へ行くのが一般的ですが、その後に初七日法要を行うことが多いです。火葬の時は親戚など一同が集まり、話す時間も取りやすいのでその後の法要について葬儀屋さんを交えて話し合うと良いです。

↑PAGE TOP