お葬式で後悔しないために

葬儀の手配で注意すること

葬儀で知っておくべきこと

ご家族を病院で亡くされた場合、病院からご遺体を移動させる必要が出てきます。死が突然やってくることが多いために事前に葬式などの手配について準備していない人が少なくありません。搬出に当たって注意すべきことは、なにも支持しなければ病院の提携先の業者によって遺体が運搬されてしまうことがある事です。病院には提携先の業者があるのが一般的で、遺族が事前に葬儀社を手配していなければ遺体は提携先の業者の仮置き場に運ばれます。遺体が腐食しないような設備が必要なため、プロの手にお任せするほうが良いのです。しかし場合によってはその後の葬儀は病院の提携先の業者に任せたくないということもあるでしょう。そういた際にはきちんと意思表示するよう注意しましょう。そのままうやむやにしていると不本意な葬儀が行われてしまう恐れがあります。遺体の運び出し以前に葬儀社の手配を自分で行っておくのが理想的ですが、なかなかそうもいかないことも多いのが実情です。しかし法外な料金を取られたり、望まない形でのお葬式になってしまわないよう出来るだけ親族などで協力して事前に業者を選定し手配して置くように注意したいものです。悲しみにくれ明確な意思を示せないご遺族にもきちんと寄り添い、明瞭な料金体系で誠実な対応をしてくれる業者を選びましょう。

↑PAGE TOP